Mac mini (Late 2006)のメモリを換装

Mac mini (Late 2006)のメモリを換装しました。
iOS版のアプリ開発ということで、
本体とメモリを顧問の先生からお借りでき、
その日のうちにメモリを換装しました。
眠かった(-_-;)ので記事は今日書いています。
最近のMac miniは裏ぶたを回して開くという、
お菓子の瓶みたいな感じで簡単に乾燥できるらしいのですが、
2006年モデルなどの旧機種ではそうではない様子です…。
参考にしたのは、ASCII.jpの次の記事です。
“激ムズ”だけどあえて挑む!? 写真でわかるMac miniのメモリー・HDD増設手順
ここからは、本体を分解していきますが、
当記事を参考にして生じたいかなる事象に対しても、
当方は責任を負いかねますのでご了承ください。


まず、箱から本体を出します。
mac_mini_memory_0001.jpg
mac_mini_memory_0002.jpg
mac_mini_memory_0004.jpg
mac_mini_memory_0003.jpg
ねじが一つも見えません。
筐体は全部爪でひっかけられています。
爪を外すためのヘラまで先生からお借りしました。
あと、ヤマダ電気のいらなくなったポイントカードも使います。
1年でポイント切れるんですよね…。
mac_mini_memory_0005.jpg
これらを、筐体の下側左右にある隙間に突き刺します。
ヘラは1 mmぐらいの厚みがあるため、少し思い切った力を入れる必要があります。
片方に差し込むともう片方の隙間は狭くなるので、
ポイントカードを差し込み、ヘラを差し込むガイドにします。
mac_mini_memory_0006.jpg
左右の隙間を広げるようにヘラで筐体を分離させていきます。
ある程度頑張っていると、片方に隙間が生じるので、
すかさずマイナスドライバーを突き刺します。
隙間が生じたほうのヘラをコネクタ側のパネルの隙間に差し込み、
てこの原理宜しく広げていくといい感じに隙間ができます。
mac_mini_memory_0007.jpg
mac_mini_memory_0008.jpg
ある程度開けてきたら、後は手でばらしていきます。
見事、ふたと分離できました。
すごい集積率です。新型はさらに薄いですから、一度ばらしてみたいですね。
mac_mini_memory_0009.jpg
mac_mini_memory_0010.jpg
mac_mini_memory_0011.jpg
mac_mini_memory_0012.jpg
mac_mini_memory_0013.jpg
ドライブユニットを分離します。
コネクタのロックを跳ね上げ、光学ドライブ用のフレキを外します。
冷却ファンへのケーブルも外します。
mac_mini_memory_0014.jpg
mac_mini_memory_0015.jpg
次に無線LANのアンテナの下にねじがあるので、右上のアンテナを外します。
ばねの両サイドにプラスチックの爪があるので、指で押さえるとすぐに外れます。
ばねは固定されていないので、紛失しないように気を付けてください。
mac_mini_memory_0016.jpg
mac_mini_memory_0017.jpg
4隅のねじを外せば、すぐに分離ができます。
筐体を破れば、あとは簡単すぎてあっけなくなります。
mac_mini_memory_0018.jpg
メモリの用意です。これもお借りしたものです。
虎の1GBを2枚刺します。容量は2倍になります。
mac_mini_memory_0019.jpg
mac_mini_memory_0020.jpg
メモリの左右にある爪を開ける方向に押してやることで、メモリが外れます。
ここらへんはノートPCと同じです。
mac_mini_memory_0021.jpg
外せたメモリと換装後のマザーボードです。
mac_mini_memory_0022.jpg
mac_mini_memory_0023.jpg
とりあえず、ふたを戻さないところまで組み立てなおしたら、動作チェックを行います。
私Nの場合は何事もなく、正常に動作しました。
というわけで、ふたをかぶせて完成です。
換装する前に動作させていなかったので以前の状態が分かりませんが、
換装後はXcode等も正常に動作しており、特に重いと感じることもありませんでした。
OSXをほとんど操作したことがないので、比較はできませんが…。
今回一番時間がかかったのは、ヘラのシールの糊をはがすことだったので(・・;)、
作業自体はそこまで時間のかかるものではありませんが、
Apple製品はやっぱり美しい状態を保ちたいので、気を使う作業でした。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top